株で経済の勉強をする!

株を始めるにはお金はどれくらいいる?

株を始めるためにはどれほどの資産を準備すればよいでしょうか。単元株とはなにか、ということを説明したうえで準備する必要のあるお金についてを説明していきます。
最初に単元株とは何かを説明していきます。株を購入する際はほとんどの証券会社では1株ずつ購入できません。100または1000という数で売買をする必要があります。したがって、ある大手金融機関の株価は300円程度とし、100という単位でしか売っておらず、その数で買う必要があるとするならば、3万円は最低でも必要になってきます。それだけではなく、売り買いする際の手数料もかかりますから、一回の取引に100円かかるとすると、売り買いで200円かかることになります。短期で売り買いをすることにより、キャピタルゲインを得たいと考えている場合、こうしたコストも準備するべきと言えます。ちなみに、そういった手数料などは、証券会社によって価格設定が様々なので、何社かの資料を問い合わせて比較することが重要と言えます。
また、配当を得ることによって利益を確保したいと考えている場合は、購入した額以上のお金を口座に持っていることが要求されます。それはどうしてでしょうか。配当がされる権利を獲得した日、個人投資家たちは配当を得られるということを確実化したため、持っている株を一斉に売却しようとするため価格が下落します。するとそれに対してリスクヘッジを準備していない場合、配当を受け取っても実質的には価格が下がってしまったことによって損をするわけですから、儲けは相殺されてしまう可能性があります。ならば権利確定をする前に空売りを仕掛けリスクヘッジをする必要があります。空売りは株を借りるわけですからその担保となるお金も準備する必要があります。
以上から購入金額の2倍のお金と手数料等のお金を準備する必要があると言えます。

株の取引は慎重さが1番大切

株取引において必要なものは、メンタルの安定でいかなる場面でも冷静に対応して慎重にこと進めることができるかどうかです。一般的に投資家は株が急落したときには、慌ててふためいて冷静さを失い損をしたくないからすぐに株を売却します。そしてその急落後何事もなかったのように価格がもとに戻るということはよくあります。ここで慎重さを欠いたばかりにいままでの利益をとばしてしまうことやあるいは大きく損失を出してしますこともよくあります。f大事なお金を投資している以上かなり真剣になるのは、当然ですが取引に熱くなりすぎると目先の事しか見えず必ず失敗します。
このような急落時においても冷静さを欠くことなく、取引に対して慎重に対策を考えるべきで、安く買えるチャンスとみて買い増しするかあるいはこの急落が一過性のものの判断をするだけのメンタルコントロールがないと投資には勝てません。株が急落するのには、二パターンしかないです。業績下方修正などの悪化か仕手集団の仕掛けかです。でもいずれの要因で下落しても、株価が現状とかけ離れたものであればかならず値はもどしてきます。このような明快な分析がこの冷静さを欠く取引の局面で発揮できるかどうかです。ここで株における勝者か敗者かの分かれ目になるわけです。
このように株取引においては、冷静にことをみて、その対処を慎重に検討できるメンタルコントロールができるかので、もしこのコントロールに自信が持てない場合には、現物での取引でそのままで置いておくのがいいです。それも株価を気にすることなく長期のスタンスで行う考えのほうが、普段の値上がり、値下がりに左右されない冷静で慎重な取引となりえると思われます。

初心者向けの株の選び方

株式投資の初心者は、どの株を買ったら良いのかは非常に迷うところです。そこで、投資の初心者の銘柄選びの方法として、普段生活する上で馴染みのある企業の中から選択する方法をオススメします。企業では消費者に向けて商品やサービスを提供しているところが多く存在しています。その商品やサービスを利用したことがある場合には、一般消費者目線で対象企業を理解しやすくなっていると思います。もしも、企業の提供している商品やサービスを気に入っているならば、その企業の株に投資する価値が出ていると言えます。このように消費者目線で銘柄を選ぶには、特定の業種から選ぶことが多くなってきます。まず初心者にオススメの業種としては、小売り業界が挙げられます。小売りでは実際に店舗に足を運び、店舗内の商品の品質や店員のマナーなどを肌身で感じることができる特徴があります。実際に小売りチェーンなどを利用をしてみて、優れた企業だと感じた時には投資対象として考えるようにすると良いです。次に初心者にオススメの業種として、食品業界が挙げられます。食品業界は普段口にしている物を取り扱っているため、どんな商品を販売しているか知っている場合が多くなっています。自分がいつも購入している商品を取り扱っている企業ならば、投資対象して考えてみる価値があると言えます。次に初心者にオススメの業種として、外食業界が挙げられます。外食チェーンにはいろいろな業態がありますが、自分が行ったことのあるチェーン店などから投資対象の株を選ぶようにすると良いです。このようにして馴染みのある企業の株の中から投資対象を選べば、大きな間違いは防げるのではないかと考えます。株式投資においては、知らない企業に投資してしまうことが大きなリスクとなっているからです。

■株価の予想サイトはこちらが便利です
株価予想NAVI