投資をする上で大切なことは計画性だと思います。短期的な考えや小さいことで一喜一憂しているようでは、いけません。投資をするなら長期的な計画でしっかりと臨みましょう。

定年のため投資をするならトルコの通貨より良い物が

定年のことを考えて少しでも資産運用をしてみようと考えている人も多いものですが、そのためにはリスクの分散は絶対に欠かすことができません。
投資というのはどのようなものであってもリスクが有りますから、少しでもそのリスクを軽減するために分散をして投資をすることが大切です。
定年のための投資で全くリスクを取らないのが良いというわけではありませんが、リスクの高いものだけに手を出すのはかなり危険なので組み合わせて資産運用をすることが大切です。

トルコの通貨などは非常に高金利であることから、多くの人が魅力を感じる投資対象となるのですが金利が高くて価値が安定しているとなれば誰もが手を出すわけで、金利が高いのにはそれだけの訳があります。
つまり価値が不安定な通貨であるため金利が高く設定されているということになるので、目先の金利だけで大事な定年後の資産を大きくつぎ込むようなことがあれば、大きく減らしてしまうおそれがあるのでトルコの通貨につぎ込むということは避けたほうが良いでしょう。
高金利自体が魅力というのは紛れも無い事実ですから、あくまでも余裕のある範囲の資産で金利と値上がり益を期待して投資をしておくというのであれば悪くはないのですが、金利で悠々自適な生活を送ろうと考えると投資した資金が二分の一三分の一にもなってしまって、大事なお金を溶かしてしまう恐れがあります。

そのため、なくなって困るようなお金というのはトルコの通貨などのようにリスクの高いものではなく、安定債権のような大きなリターンは見込めないもののマイナスになる恐れが極めて少ない、あるいは元本割れをするにしてもその金額がごく僅かといったものを中心に投資していくのが鉄則です。