投資をする上で大切なことは計画性だと思います。短期的な考えや小さいことで一喜一憂しているようでは、いけません。投資をするなら長期的な計画でしっかりと臨みましょう。

住友物産とJR東日本の投資判断について

最近の日本の金融市場は世界に向けても非常に安定した動向を示しており特に、参議院選挙においては自民党が圧倒的な勝利をしましたので、政治の世界においても盤石な体制を整えるようになってきました。このような状況にあるために、しっかりとした株価を推移しており、これまで通り様々なジャーナリストは日本株を買いと判断しています。特に企業として安定性の高い会社のうち、住友物産に関してはこれまで以上に安定した推移を見せています。また、為替市場もよりイギリスがEUから脱退すると宣言した際に、ヨーロッパ経済が混乱するという見方から一時期大きな円高リスクがありましたが、ひとまずは落ち着きを見せてきています。住友物産に関しては一時期非常に株価を落としていたのですが、現在ではしっかりと持ち直しており、投資判断としては買いの状態をキープしております。さらには、現在の日本においては自民党政権が盤石の態勢で政治をリードする形になりますので、これまで上げてきた金融政策に関しても引き続き続行することができます。これにより、今まで注目されてきています福祉関連の仕事やさらには高齢者の仕事に従事することなど様々なところで安定した供給を実施することができるようになります。特に労働人口が安定して供給されるということは交通量に関しても安定して増えていくことになるため、JR東日本に関しては労働人口が増えるごとに、利用者数も増えていきますので、より多くの人がJR東日本を利用することになります。このような理由から投資判断としても買いと判断されるようになっています。実際には株価に関しても安定して推移しておりより多くの企業がこれまで以上にしっかりと伸びてきています。